法律に関わる職業

法律に携わる職業として、多くの方が弁護士を真っ先に思い浮かべるでしょう。しかし法律に関係する職業として司法書士や裁判官、検察官という職業もあるのです。こうした職業が日常で起こる様々な問題を解決させているのです。費用の掛からない無料相談なども行なっているので気になる方は調べてみましょう。

弁護士と司法書士の比較

弁護士

弁護士は法律のプロフェッショナルです。法に関することであれば全般的に動くことができ、権限も持っていることが特徴的となっています。民事裁判から刑事裁判まで参加出来るので国民の頼りになる存在と言えるでしょう。

司法書士

司法書士は弁護士よりも扱える業務が限定されています。主に不動産登記や供託といった分野を専門的に扱っていますが法律についても学んでいるため簡易裁判であれば代理人として動くことが出来るのです。

日常に潜む様々なトラブル

日常生活の中には些細な問題から重大な問題まであります。普段何気なく生活していてもこうした問題に関わってしまうこともあるので、十分に注意しなければならないのです。もしトラブルに巻き込まれてしまったら、一人で解決しようとせず弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

弁護士に相談の多い問題

法律書

債務整理

債務整理の問題は弁護士にもよく相談される問題となっています。借金の負担が大きくなりすぎて、このままでは生活が危ういという方が弁護士に相談をすることが多いのです。債務整理と一言で言っても個人再生や自己破産、過払い金請求などのいくつかの方法があるのでどの方法が良いのか弁護士と一緒に決めていきましょう。

示談金交渉

交通事故問題で発生することが多い示談金交渉も弁護士が活躍しています。示談金は加害者側と被害者側の意見で揉めてしまうことが多いため、法律のプロである弁護士に相談しておくほうがスムーズに問題解決を行ないやすいのです。また弁護士に相談することによって被害者側は適正な示談金をもらうことが出来ますよ。

離婚

離婚は夫婦の問題でもありますが、双方の意見が割れてしまい離婚が成立しないケースもあります。このような場合は弁護士を利用して協議離婚などを行ない、それでも成立が難しいとなった場合は離婚調停を申し立てるのです。こうした流れは個人で行なうには負担が大きいので専門弁護士と共に行なう方が多いとされています。

相続問題

財産相続で揉めることも多く、身内同士で長期に渡って揉めるケースも珍しくありません。長期的に揉めてしまった場合は泥沼化してしまうことが多く、埒が明かないということで弁護士に相談を行なわれるのです。財産相続は法律により遺言などの観点から優先順位が決められているので専門家に相談するほうが良いとされています。

弁護士の業務内容に迫る!どんな相談が出来るの?

相談

弁護士の仕事

弁護士は法律のプロとして様々な案件や問題を解決していきます。お金が絡む問題から対人関係の問題までいろんな分野で活躍しているのです。弁護士と言えば裁判のイメージが強いのですが、個人的な悩み相談にも応じてくれます。ここでは交通事故や債務整理と弁護士の関わり方について紹介していきます。

相談

問題解決のアドバイス

裁判でなくても弁護士に相談することが出来ます。友人や身内には相談しにくい話でも弁護士は守秘義務を持っているため、しっかりと相談者の悩みを聞いてくれるのです。離婚問題や借金問題などの話も親身になって対応してくれるでしょう。

相談

借金相談も可能

過払い金や債務整理などの借金問題も弁護士は対応しています。債務整理を行なうことで借金の大きな負担をなくすことが出来ますし、人生の再スタートを切ることも可能となるのです。債務整理を行なうべきかどうかの判断は弁護士に相談して決めましょう。債務整理の一つでもある個人再生も援助も行なってくれます。

女性

大きな事故に遭ったなら

交通事故などに遭ってしまった場合、弁護士を使用せず保険屋や加害者側と相談することがほとんどでしょう。しかし後遺症や示談金などの部分は弁護士を利用することで適切な対応と慰謝料を請求することが出来るのです。交通事故専門の弁護士も存在するので頼りになりますよ。

法律に関する士業のリスト

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 行政書士
  • 弁理士

[PR]
慰謝料請求したいなら必見!
多くの対応実績のある事務所を公開中☆

[PR]
産廃業許可の申請をプロに頼もう
専門事務所を厳選公開

[PR]
離婚時に慰謝料を請求
一度専門家で相談すべし!